古美術、骨董品、アンティークの全国インターネット通信販売 古美術 今戸
古美術 今戸
 

書画 a-013

虎図

片山楊谷

 












商品詳細


片山楊谷

1760−1801
江戸時代後期の画家
宝暦10年生まれ
因幡鳥取新田藩(西館(にしだて))藩主池田定常にみいだされ,藩につかえる
のち京都の西本願寺にくらし,「蓮下鯉魚図」などおおくの花鳥画をのこした
書にもたくみであった。享和元年8月24日死去。42歳。肥前長崎出身。本姓は洞。名は貞雄。通称は宗馬。別号に画禅窟



本紙:紙本

総縦216×総横68

大変迫力のある一幅
幅もあるため貫禄があります。

 

 (C) 2007-2010 imado. All right reserved.