古美術、骨董品、アンティークの全国インターネット通信販売 古美術 今戸
古美術 今戸
 

書画 a-019

鸚哥

石本正

 














商品詳細

石本 正
(いしもと しょう)


1920年〜

日本画家。島根県 浜田市三隅町生まれ。
1944年(昭和19)京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)を卒業。
 47年(昭和22)第3回日展に入選したが、50年に創造美術展に出品して入選。
 51年から同会が合流した新制作派協会(新制作協会に改名)に出品し、同年『旅へのいざない』で新作家賞を受賞、56年に会員に推された。
 60年ごろから舞妓(まいこ)をモデルにして裸婦の連作に取り組み、独自の艶美(えんび)な画境を切り開き、71年日本芸術大賞を受賞。
 74年創画会結成に加わる。1966年京都市立芸術大学助教授、70年に教授となり、86年まで同校で後進の指導に当たる。
1997年(平成9)作品寄贈を出生地へ申し出、
2001年に作品を収蔵・展示する島根県三隅町立(現在は浜田市立)石正(せきしょう)美術館が開館した。


創画会会員、京都市立芸術大学名誉教授、京都造形芸術大学教授


シール:裏面にあり


寸法:10号
箱:タトウあり

状態も大変良い

 

 (C) 2007-2010 imado. All right reserved.